Australian news video calls Google “a company on steroids”

Mon, Apr 19, 2010 at 3:53 pm

    A video produced by Hungry Beast, a weekly news show on Australian television puts Internet giant Google’s huge ambitions and gargantuan reach into dramatic perspective.

    Google, says the video quoting former Intel Chairman Andy Grove, is "a company on steroids, with a finger in every industry."

    The video explains the company’s business  model:

    "Google wants to know who your are, where you are and what you want, so it can target ads at you."

    As Hungry Beast points out, CEO Eric Schmidt acknowledges Google is an advertising company with 97 percent of revenues from that activity.

    Take a look at Hungry Beast’s portrayal of the company whose "name became a verb" to see why so many of us are concerned. The video cannot be viewed on Hungry Beast’s Website unless you’re down under.  Fortunately for those outside of Australia, the video can be seen through Vimeo, a competitor to Google’s YouTube.

    Take a look for yourself:

    THE BEAST FILE: GOOGLE from Hungry Beast on Vimeo.

    , , ,

    This post was written by:

    John M. Simpson

    - who has written 414 posts on Inside Google.


    Contact the author

    Leave a Reply

    ルイヴィトンは旅行の芸術なので、ルイヴィトンは比較的人気の高いブランドで、現在は手動で機械的に混合してパッケージングを行っています。 ルイヴィトンiphoneケースの海外での価格は、国民に比較的近いです。 しかし、エルメスは異なっています。馬が馬を生産するのは初めてです。そのため、エルメスは主に手作りの芸術であり、一般的な意味では贅沢ではありません。 エルメスiphoneケースのすべての製品は、芸術作品として楽しんで保存することができます。 ルイ?ヴィトンは、価格面ではルイ?ヴィトンよりもはるかに高いですが、質の面ではそれほど優れているわけではありませんが、近年では生産の増加により衰退の兆しが見えてきました。 最も顕著なパフォーマンスは、ブランド携帯ケース伝統的に手作業で加工された部品の多くが現在機械加工されていることです。加工の質は向上しますが、機械と労働は必ずしも成績ではありません。